業績紹介

取得資格 ~Qualification~

薬学博士

令和6年3月10日 岐阜薬科大学にて取得
論文題目「認知症治療における薬剤師の臨床薬学的介入の有用性に関する研究」

医療薬学専門薬剤師

日病薬病院薬学認定薬剤師

学術論文 ~Paper~

筆頭 論文 ~First author~

  1. 認知症ケアチームへの薬剤師参画の有用性 〜メマンチンの適正使用における貢献〜
  2. 認知症ケアチームにおける処方提案による薬剤師の治療参画
  3. Intervention of dementia support team pharmacists and its effects for the proper use of rivastigmine.(リバスチグミン適正使用のための認知症サポートチーム薬剤師の介入とその効果)
  4. Sleep-prolonging effect of memantine for short periods and low doses.(短時間・低用量でのメマンチンの睡眠延長効果)
  5. Effects of pharmacist-led dementia care round interventions on the use of sleep medications.(薬剤師主導の認知症ケアラウンド介入が睡眠薬使用に及ぼす効果)
  6. Follow-up of clinical symptoms and blood concentration in donepezil overdose: A case report.(ドネペジル過量投与における臨床症状と血中濃度の経過観察: 症例報告)
  7. 薬剤師-看護師主体の認知症ケアラウンドの活動とその減薬への効果

共著 論文 ~Coauthor~

  1. Analysis of drug-induced hand-foot syndrome using a spontaneous reporting system database 

学会活動 ~Conference presentation~

シンポジウム

  • 医療薬学フォーラム2022 シンポジスト

学会発表(2024年以降のみ記載)

表彰 ~Commendation~

  • 2024年 医療薬学会 論文賞
タイトルとURLをコピーしました